4.ファン感謝デーでのウダウダ話 (2003年8月)

       ファン感謝デーに行ってきました。今のところ皆勤賞です。
       残念ながら混んでいたため、エンジンオイルしか交換できなかった。ATFとデフオイル交換は次回に。
       6ヶ月点検して、助手席側のウインドウウォッシャー液が出ないのを直してもらて、燃料警告灯が切れた?のを見てもらった。
       あとはお土産に、ウォッシャー液など景品を3つもらって、飲んで食って、うだうだ1時間ぐらいお話しをして帰宅。
       6ヶ月点検、オイル交換した感じですが、少しだけフケが軽くなった感じがします。

       ウダウダ話1
        よく海釣りに行くので塩害が気になっていた。防錆についてDラーで聞いてみた。
        エキパイなどの高温部を除いて1諭吉。ん〜、ちと高いか・・・今度デフオイル交換時に下回りを見せてもらってから決めることに。
        ちなみに、以前は透明の塗装があったのですが、今は塗装したことが分かりやすいように黒色塗装オンリーだそうです。
       ウダウダ話2
        燃料警告灯は切れていないとのこと。ガソリン残量は6Lぐらいだったのになぜ・・・もう一度様子を見ることに。
        ちなみに燃料警告灯が一旦点灯して消えることがあるとのこと。
        そのからくりをメカ担当に聞いてみた。(別に知ったところで何の得にもなりませんが^^;)
        燃料タンクは、デフを跨ぐような形状(凹の字を180度回転したような形状)をしており、
        燃料が減ってくると、燃料が2箇所(逆さにした凹のへこんだ2個所)に分離されてしまう。
        その片方に残量を計測するフロートがあり、フロートがある側の燃料の減りが早くて警告灯が一旦点灯。
        油面を均一にする機構(電気式のポンプではなく、2箇所の油圧による簡易的なものらしいです)があって、
        減りの遅かった方から減りの早かった方に燃料が移動。
        その結果、フロートが上がって燃料警告灯が消灯ということだそうです。
       ウダウダ話3
        テフロン系の燃料添加剤SX8000が置いてあったので、これ入れてもメーカー保証効くの?って聞いたら、当然効きますとのこと。
        Dラーに置いてある添加剤ってフロンティアだけじゃないんですね。各Dラーによっても違うのかな。
        スバルDラーってテフロン系添加剤がお好みのようで・・・
       ウダウダ話4
        ブレーキパッドのダストが多くて、ホイールの汚れが目立つんですけど、なんとかならない?
        純正品はディスクへの攻撃性を抑えるために柔らかいんです。ダストの出にくいものは攻撃性が高くて、、、
        (ん〜、ありきたりの答え・・・答えになっとらん^^;)
        でも、コーティング剤入りのホイールクリーナ使ってるので、まぁいいけど、、、
        やっぱりよく落ちますか? 楽ですか?
        まぁ掃除は楽ですよ
        (きっとダストのこと別の人に聞かれたら、これネタにされるんだろうな〜 笑)
       ウダウダ話5
        まめにオイル交換したエンジン内部はすごく綺麗だったそうです。
        マメなオイル交換(4000km以内)を勧められました。
 
 


HOMEへ戻る   レガシィTOPへ戻る
inserted by FC2 system